脳が健康であるために必要なアラキドン酸とは?

脳が健康であるために必要なアラキドン酸とは?

アラキドン酸って一体どのような成分なのだろうと思われている方いらっしゃいませんか?アラキドン酸は、脳が健康であるために必要なものです。アラキドン酸はいわしなどの青魚に含まれているDHAと同じ、不飽和脂肪酸の一つです。いわしを食べると頭がよくなるということを聞いたことはありませんか?アラキドン酸はDHAと同じように、脳の細胞膜を柔軟に保つことで、脳の健康状態をキープしています。

人間の脳内では、神経細胞が情報を伝達することによって機能しているのですが、細胞膜が柔軟であればあるほど、上手に伝達することができ、伝達スピードを上げることができます。アラキドン酸をとることによって、私たちの脳内伝達を、すばやく効率良くすることができるのです。

アラキドン酸は、私たちの体の中でつくられることができるのかどうか、それは年齢によって異なります。乳幼児の場合は、自らの体内でつくることはできず、高齢者になるとだんだんと作られる量が減っていきます。よって、食べ物で補うことが必要になります。

アラキドン酸は卵黄やぶたのスモークレバーなどに多く含まれていますが、食品だけで補うことが難しい場合もあるでしょう。そのようなときには、サプリメントを利用して摂取しましょう。アラキドン酸のサプリメントを選ぶときは、DHAなど、一緒に含まれている成分を比較してみることをおすすめします。

ページのトップへ戻る